ペン型LD可視光源ファイバーチェッカー(心線対照ツール)

赤色高出力タイプ 7Km先まで目視可能。 ※ RoHS対象品です。

製品概要

  • 光心線の対照を視覚的に行います。→使い方1
    =ラック間でのファイバーコードの反対側コード(ポート)を探し当てる事が出来ます。
    =絡んだ心線でも必要なファイバを簡単に識別する事が出来ます。
  • 光ファイバ(コード)の断線箇所を簡単に確認出来ます。→使い方2
  • 光融着接続の良し悪しを視覚的に判断します。→使い方3
  • SC/APCやLC・MUコネクタにも対応しています。→使い方4

機能・特長

  • 扱い易く、持ち運びに便利なペン型。
  • SC、FC、STコネクタはダイレクトに挿入使用可能。
  • MU or LCでもプラグインアダプタで簡単対応。
  • 対照距離は約7km!! ※ 伝送損失により異なる。
  • ボタン1つで連続光と点滅光が使い分けられる。
  • 単4アルカリ乾電池2本で稼働。

※ よくある質問(FAQ)はこちらをご覧下さい。

使用上の注意

  • 本光源に接続されたコネクタやファイバーの端面を直接、又は顕微鏡や他のビュアー等を介して覗く事は絶対にしないで下さい。
  • レーザークラスはClass2Mの表示となっております。決して人に向けないで下さい。
  • コネクタを挿入したままぶつけたり落としたりすると、スリーブが割れる恐れがあります。十分ご注意下さい。
  • 電池を入れたまま、主電源がオン状態で放置しますと電池の消耗だけでなく、液漏れする恐れがあります。十分ご注意下さい。